現行Ninja650 社外バーエンド交換

BLOG

現行のNinja650、社外バーエンド交換のご依頼をいただきました!

バーエンドの交換というと通常はハンドル末端にあるバーエンドを固定しているボルトを外すだけなのが基本的なのですが(そのボルトもネジロック剤が効いていて外すのが大変なことが多いですが・・・)、最近はまた違った構造の車種が出てきています。

 

ハンドルバー内に棒状のウエイトが挿入されていてその末端にバーエンドが付いている構造です。

確かNinja250SLで登場した構造だったかと記憶していますが、現行のNinja650にも採用されているようです(他の車種にも採用されている可能性はあります)

この構造ですとバーエンドのボルトを緩めようといくら回しても全体がハンドルバー内で空回りしてしまうので、一旦全体ごと引き出し棒状のウエイト部を抑える必要があります(スパナがかかるようになっています)

これがスムーズに引き抜ければまだ良いのですがガッツリ固着していると難儀してしまいます・・・(汗)

 

すでに装着されていたエンジンスライダーが若干動くのでチェックしてみたところマウントボルトが緩んでいました。

スライダーは重要なエンジンマウントボルト部に装着されていることが多いので適切なトルク管理、定期的な点検は大事です!