「凄み」をコンセプトに、先進的で迫力あるスタイリングと

一度乗ると病みつきになる、エキサイティングな乗り味が特徴のZ1000!!

今回は、ブレンボ製ブレーキシステムやオーリンズ製リヤサスペンションを装備した

Z1000 R EDITION

2019年モデル の発売のご案内です。

スタンダードのZ1000は国内仕様として販売していますが

Rエディションは逆輸入車となります。

モトピアッツァで扱うのは、ブライト正規輸入車で

モトピアッツァオリジナルを含め3年保証付きですので安心してお乗りいただけます。

 

店長も2014年モデルに乗ってました! いまでもお気に入りの1台です。

いまや大型車では当たり前となった、トラコンやパワーモードはありません!! ABSはありますが。

そんなのいらねえだろ?お前の腕一本で乗りたきゃ乗ってみな!! って感じの突き放したキャラにやられました~!(^^)!

今ちょっと飽きがきてて、刺激的なバイクをお探しの方にピッタリの1台です!!

ホントに国産車離れしているというか、峠を元気に走る事に振り切ってあるというか、刺激満載ですね。

当時はNinja1000よりも売ってましたよ店長。 極端だなあ~我ながら(苦笑)

 

2019年モデルのカラーリング

メタリックフラットスパークブラック×パールストームグレー×エメラルドブレイズドグリーン

 

価格は 1,420,200円 (本体価格 1,315,000円)

発売は10月上旬予定となっており、ただいま予約(初期注文)を承っております!!

輸入予定台数は多くありませんので、購入のご相談はお早目に!!

 

 

また、同じタイミングで国内モデルとなっているスタンダードのZ1000、2019年モデルを

年末に発売で調整中とリリースがありました。

2019年モデル Z1000

スタンダードのほうがよい人は年末まで貯金しておいてくださいネ!!

 

そして、なつかしい動画をひとつ

現行型の初期、2014年モデルのPV The New MY14 Kawasaki Z1000 – CALL OF THE WILD

Z1000のコンセプト「凄み」と野生的な迫力がうまく表現されているPVです。