BLOG

Z900RS 納車整備

発売以来大人気のZ900RS火の玉カラーの納車整備です! Yさん、ご成約ありがとうございます! NINJA1000からのお乗り換えです。 整備開始です! 基本的なチェックをしつつ各オプション品を取り付けていきます。 純正オプションのセンタースタンド(税込22,896円) リアタイヤ周りやチェーンメンテナンスの強い味方ですね! ちなみに操作感はとても軽かったです! 体重ないのでセンタースタンド上げが苦手な私でも楽々上げられました(笑) DAYTONA製アシストグリップ左側(税込4,968円) バイクの取り回しやセンタースタンドを上げる時に非常に役立つアイテムです! 純正オプションにも同じようなパーツの設定がありますが左右セット(税込13,716円)となりますのでご要望に応じてという感じになりますかね・・・ POSH製の社外ハンドルに交換です! Z900RSのノーマルハンドルは跨ってみると見た目以上にワイドなポジションとなっております。 こちら...
BLOG

奥多摩早朝散歩 2019年シーズン開幕で~~す!!

あちゃ~~~  PM10:00過ぎちゃいました・・・ お知らせ遅くなってゴメンナサイ<(_ _)> 明日、4月7日より今年の 奥多摩早朝散歩 始めます!! 今年も安全第一で楽しく走りましょう!!(^^)v 明日は店前に AM5:30集合です! よろしくお願いします!!
BLOG

KYMCO JAPAN 設立3周年記念フェアは4月15日まで!!

今日は暖かい一日になりそうですね!! でも、そうなるとマスクを外せなくなる店長です!!(ちょっと泣) コスパ最強!?の呼び声高い KYMCO GP125i が入荷しました!! A様、これからバッチリ整備しますのでお待ちくださいませ。 今回の車両には、KYMCO JAPAN 設立3周年記念フェア にて リヤボックスをプレゼントさせていただき、取り付けをいたします。(^^)v こんな、とぉ~~~ってもお得な KYMCO JAPAN 設立3周年記念フェア は4月15日までですヨ!! お問い合わせお待ちしております!!(^o^)
BLOG

カワサキの講習会に行って来ました

先日、定期的に開催されるカワサキの新技術講習会に参加しました。 最新の技術やシステムを学ぶ良い勉強の機会です! どうやらこれからは今まで以上にバイクをパソコンに接続して管理していく流れとなっていきそうです(現状はFIエラー等パソコンと接続し故障診断をする場合以外は特に必要無い作業なんですけどね・・・) しかしハイグレードなモデル達に搭載されている最新の電子制御系パーツは物凄いです(汗) 人間の能力では絶対に出来ないようなレベル(1000分の1秒単位)で制御されライディングをサポートしてくれます。 200馬力なんて数字が珍しくない時代になりつつありますが、そんな桁外れのパワーを普通に楽しむ事が出来る様になったのも電子制御システムの進化のおかげと言っても過言ではないのかもしれません。 ただし過信は禁物です! どんなに電子制御が凄くてもバイクなので限界を超えれば転倒します・・・(笑) そして新型となったW800ですが「とりあえず最新の規制に適合させました」という事ではなく、かなりガッツリと各部に手を入れたニューモデルとなっています! ...
BLOG

今日から新年度スタート!!

年度末の忙しさは乗り切った店長です!! しかし! おかげさまで新年度も忙しくスタートです!! 新元号は「令和」で決まりましたね(^o^) 平成に続いて、オートバイを楽しめる平和な時代にしていきたいですね!! そんな時代ネタにピッタリな今日のモトピアッツァの店内です(^^)v 3世代同居? とでも言いましょうか・・・ 間違いなくレジェンドクラスの3台が並んでます。 火の玉の色も時代で違うんですよ~ おもしろいですよね(^o^)
NEW BIKES

【2019】Z250 試乗車入庫しました!

新型Z250の試乗車が入庫しました! カラーはキャンディカーディナルレッド×メタリックフラットスパークブラックです! すでにZは250のホワイト、400のホワイト以外は5月以降の納期となっております(3月末現在。日々状況は変わりますのでお問い合わせ下さい) ご検討中の方はお急ぎ下さい! またNinja400の試乗車も店頭展示中ですので、NinjaとZ、400と250の違いを実際に比較しながらご検討していただく事も可能となっております! ※試乗に関しては基本的に予約制となりますのでご注意下さい。急なご来店ですとご希望に添えない場合やお時間をいただく可能性もございますので、まずは事前のご連絡をお願いしております。
BLOG

ワイヤーのメンテナンスは大事です

日々の通勤でハードに使われているN君のDトラッカー125です。 走行中クラッチレバーの遊びがみるみる大きくなってしまったとの事。 レバー根本部の調整で何とか誤魔化してお店まで辿り着けたようです(汗) 見える範囲ではワイヤーに異常は無さそうですが・・・ 上下のタイコ(ワイヤー末端)を外しフリーとなったワイヤーをもう少し引き出してみると・・・ ワイヤー破断寸前でした! ギリギリセーフです! 状況にもよりますがワイヤーの破断が始まると必ず何かしらの予兆が出始めます(異常に重くなったり、今回の様に遊びが急激に変わったり、ワイヤーを引く手応えがとてもイヤな感触に変化したりします) 昔のバイクに使われていたワイヤーはこの予兆が現れてからもそれなりの時間粘ってくれる事もあったみたいですが、最近のワイヤーは予兆から破断までがあっという間な事が多いようです! クラッチに限らず各ワイヤー類は定期的なメンテナンスで寿命が大きく変わる部品のひとつです! 1年に1度の注油でもやるとやらないでは将来的に大きく差が出てきます! 当店の点検整...
BLOG

Dトラッカー125 クラッチスイッチ折れ

Dトラッカー125で「長めのエンジンブレーキ使用→停止に伴いクラッチを切るとたまにそのままエンストしてしまう」という症状です。 原因は色々考えられるので難しい症状なのですがまずはチェックしておきたい箇所があります。 クラッチレバーの根本にあるクラッチスイッチです! 多くのバイクに装着されているセンサー部品です。 スプリングの力で飛び出ているロッドがクラッチレバーに押される仕組みとなっており、これが押し込まれているのかどうかでクラッチレバーが握られているのか/いないのかをバイク側が判断しています。 社外レバー等に交換する際にこのロッドを折ってしまっている車輌をたまに見かけます(汗) これまでのバイクですとエンジン始動時にギアが入っている状態(ニュートラルではない状態)でスターターを回してしまうとバイクが暴走してしまうので、その様な状態であればクラッチがちゃんと切られて(レバーが握られて)いるのかどうかも合わせて判断する為の安全装置のひとつ的な意味合いのセンサーでした。 ところが最近のバイクはより高度で細かな制御をする為にもこのクラ...
BLOG

新型Z400 納車整備

話題のニューモデル新型Z400の納車整備です! S様、ご成約ありがとうございます! カラーはキャンディライム×ブラックとなります。 早速納車整備開始です! オプションのご依頼もたくさんいただきましたので整備と同時進行で取り付けていきます。 ここ最近のバイクに装備されるようになったガソリン蒸散防止装置です。 燃料タンク内の圧力変化等で気体となったガソリンを外に逃さないように回収するシステムです。 ちなみに燃料タンクにガソリンを溢れるほど入れてしまうとこの装置内に大量のガソリンが流れ込んでしまい不具合を起こす原因となる可能性があるので給油時には注意が必要です! 年々規制が厳しくなって対応を求められるメーカー側も本当に大変だと思います・・・(汗) フルカウル車であればこの箱やホース類はカウル内に隠せますがZのようなネイキッドタイプのバイクはデザインの上でも一苦労でしょうね・・・ ETC2.0を取り付けます。 Zはメーター内にETCインジケーターが内蔵されております! ET...
BLOG

3月21日(木祝)は AM11:00より開店します。

花粉症が全開の店長です。 最近、暖かい日が続いてますね。 桜もそろそろ開花しそうで、いよいよ春本番って感じになってきましたね~(^o^) 天気が心配ではありますが、21日は AM11:00 より開店します!! どうぞよろしくお願いいたします。 火曜日には品川の陸運局へ行ってきました。 バイク屋も車検のご依頼の増加と、売れた車両の登録で春を実感しています!! ありがとうございます!!<(_ _)> ちなみに新車の登録は、この春のNewモデル カワサキZ400 でした!! 新型Z400&Z250 なかなか好評ですよ~~(^^)v
BLOG

スクーター パンク修理

当店でHONDA DIO110をご購入いただいたO様の車輌です。 リアタイヤの空気圧が2、3日で抜けてしまうとの事・・・ タイヤを一周じっくりとチェックしてみますが釘や異物は刺さっておらず。 エアバルブ周りからも空気漏れは見受けられません。 イヤな予感がします・・・ タイヤのサイド側にも石鹸水を吹き付けて少し時間を置くと・・・ タイヤとホイールの間から空気が漏れています! よくある釘踏み等の原因ではない珍しいケースのパンク事例でした。 残念ながらこれは通常のパンク修理のように外側からどうこう出来るものではありません・・・ リアホイールを車体から外し、更にタイヤも外していきます。 これが原因だと断言は出来ませんが、ホイール内側に数箇所腐食が発生しておりました。 凹凸はどう考えてもホイールとタイヤの密着に良い訳がないので、ペーパーをかけてなるべく平らにならしておきます。 そしてこのような時の頼みの綱、ビードシーラーというタイヤとホイールの密着を向上させるケミカルをタイヤビード部にたっぷり...
BLOG

ZRX1200ダエグ バルブクリアランス調整

2015年式ZRX1200ダエグのバルブクリアランス点検作業です! 店長の古くからの走り仲間であり大ベテランのUさんの愛車であります。 走行38000km超。 バルブクリアランスはどうなっているのでしょうか? 早速ヘッドカバーを開けます! 色々とどかすものが多いのでここまででも一苦労です・・・ 測定の結果は・・・ 意外にも(?)16箇所全て適正値内でした! 一安心です! このまま蓋をしても問題ないレベルですがせっかくの機会なので強いて言えば調整しておきたい2箇所だけシムを手配します。 ダエグで使うタイプのシムは0,05mmだけではなく0.025mm単位での設定があるようなのでより細かく調整が出来て良い感じです(他のもそうして欲しい・・・) 調整完了後、ヘッドカバーを組んで部品を元に戻していきます! スパークプラグ等はモチロン点検、清掃して戻します。 最後にエンジンを始動してバキュームバランスもチェックします! こちらはそこそこ狂っていたので調整します!...